亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか
作者名: 烏田かあ
【出だし200文字】
 一二月の夜空を塗る黒雲は、いやにべとつく雨を降り注がせていた。  寒風が吹き抜ける度、電線が激しく|撓《しな》り、ポリバケツ似の変圧器が火花を散らす。ついに送電に不具合が生じたのか、街灯が点滅した矢先、LED製のサンタが闇に沈んだ。 「開けろ!」  力の限り訴え掛け、根津《ねづ》次郎《じろう》は八百屋のシャッターに拳を叩き付ける。  これでもう何件目になるのだろうか?  悴《かじか》んだ指は畳//
キーワード 残酷な描写あり ミステリー 異能力バトル ヒーロー 怪獣 ニチアサ どうぶつ奇想天外 雑学 特撮 三人称 男主人公 闘いのワンダーランド 恋愛 パワードスーツ 初恋 巨乳 
種別 連載完結済〔全93部〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 255,984文字
掲載日 2016年 12月 13日 19時 17分
最終投稿日 2017年 01月 26日 01時 11分
Nコード N6068DR
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 ガード下では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない――。
 肝臓が、壮絶に、終わる――。

〝好きな人が出来た〟
 親友に告白された醒ヶ井小春(さめがい こはる)は驚愕する。

 片想いのお相手は、よりにもよってクラスメイトの梅宮改(うめみや あらた)。
 毎夜少子化対策に勤しみ、一年に四〇〇回、女が変わる色魔……ゴホン、プレイボーイ。
 早い話、ホラー映画なら真っ先に殺(や)られるチャラ男だ。

 このままでは親友が弄ばれる!
 確信した小春は、改の尾行を決断する。
 繁華街のお城にしけ込む奴をフライデーし、親友を幻滅させるために。

 迎えた放課後。
 まんまと盛り場に繰り出した改は、クラス屈指の美少女、ミケランジェロ・フォレストさんと合流する。

 いよいよお城か!? 夜の大運動会か!?
 思惑通りの展開に、鼻息を荒くする小春。
 だがオ・ト・ナの組体操を期待する彼女を待っていたのは、大日本プロレスも真っ青なデスマッチと、夜の墓場を荒野――いや、岩船山(いわふねやま)採石場跡っぽく変える仮面の戦士だった。

 大都会の陰で、不気味に蠢く小さな猛獣たち――。
 怪しく響き渡り、惨劇を呼ぶ笛の音――。
 人々の悲鳴が轟く時、あなたは史上最も縁起が悪い……ゴホン、驚愕の変身アイテムを目撃する! あ、単四電池は別売りです。

〝墓怨・墓怨・恨墓怨(ボーン・ボーン・ウラボーン)〟
〝離墓怨(リボーン) 大角(ダイホーン)〟

 ※お詫び
 作中の雑学、知識は諸々の資料を使い、最低限の裏付けは取ってあります。ただし友人ゼロ、学力ゼロの作者が独自に調べたものであるため、正しいと言う保証はありません。民明書房の延長と言った感じでお読み頂ければ幸いです。また、この作品は『カクヨム』様にも掲載させて頂いています。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。