終末世界を君と歩く
作者名: ねこっちゅ
【出だし200文字】
「お腹空いた…」  ルナはそう呟く。動物もいない夜の草原には、ただただジープの小気味良い音だけが響く。  トトトトトト… 「じゃあもう少し進んだらご飯にして、寝よう」  ジープには、12歳程の少女2人が乗っていた。停車しているジープの音に混じって、運転席に座るあやから返答がくる。 「分かった」  それを聞いて、あやはジープを発進させる。  トットットットトトドドドドドド 「あーちゃん、曲、//
キーワード ガールズラブ 日常 
種別 連載〔全2部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 2,066文字
掲載日 2018年 01月 09日 19時 51分
最終投稿日 2018年 01月 13日 22時 31分
Nコード N6178EM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
終末世界をゆく少女2人の出会いと別れの物語
癒し系を目指して書いたので、寝る前にちょこっと読んで続きを楽しみにしながら明日を迎えてくれるような小説になるといいなぁ…的な
警告
この作品はガールズラブ要素を含みます。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。