終わって始まる愛しき日々
作者名: なっぱ
【出だし200文字】
 地響きを上げて大地に倒れ伏した巨体を眺めながら、ウルトはため息をこぼした。  終わった。  終わってしまった。  ごとり、と音を立て、彼女が風の刃で跳ね飛ばした竜の首が少し離れた地面の上に落ちる。ぎろりと金色の目が恨みがましくこちらを見た。 「人の身で我を狩るか。恐れを知らぬ小娘め」  万年を生き、ありとあらゆる魔法を使い、この世界の生命体の頂点に君臨する竜族。さすがの生命力だ。首が胴と離れても//
キーワード 身分差 隠居をしようと思った 反対された どうしてこうなった 
種別 短編
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 16,511文字
掲載日 2018年 02月 14日 21時 45分
Nコード N6282EO
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
世界最強の魔法使い(女性)はおおむね仕事をこなしたので、隠居をしようとしました。
あ、竜の首が飛んだり、首ちょんぱ状態でしゃべったりするので、苦手な人は注意!!
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。