パンデミック・マン
作者名: ですの
【出だし200文字】
「まずい、会社、行かなきゃ……」 男は目覚めた。 その瞬間にいつもと明らかに違う体調の兆しを感じた。 不安を覚えつつも、ベットから起き上がり身支度を整えようとする。 どうやら目覚ましの音に気付かないほど深い眠りに落ちてしまっていたようだ。 時刻は間もなく8時を回る。 始業時間まで一時間。 通勤時間を考えれば既にボーダーラインを越えようというギリギリの時間である。 当然ながら朝食にありつく//
キーワード 残酷な描写あり 日常 サイコホラー ヒーロー 冒険 ディストピア 天災 バイオハザード パンデミック 星球大賞 ギャグ シリアス ウィルス ツタヤリンダ大賞B1 OVL大賞1 
種別 連載完結済〔全65部分〕
ジャンル パニック〔SF〕
文字数 113,785文字
掲載日 2016年 06月 27日 01時 17分
最終投稿日 2017年 01月 11日 21時 37分
Nコード N6321DJ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
他人の為に、自分を犠牲に出来るか。

サラリーマン三上にとって自身の命よりも重いものは無い。

ある日、圧倒的な感染力を誇る致死率99%の完全新種ウィルスが日本を襲った。
このウィルスへの抗体を持つ三上は、同時にそのウィルスの発生源でもある。

感染拡大を阻止すべく三上の確保に動き出す人々、ウィルスの力を用いて世界を混乱に貶めようとする人々。

様々な思惑が渦巻く中、三上は人類の救世主となるか。
或いは人類史上類を見ないパンデミックを引き起こすのか。

※2017/03/10
新作書き始めました。
推理小説です。
http://ncode.syosetu.com/n9282dv/

※2017/01/15
新作書き始めました。 →→→ http://ncode.syosetu.com/n2067dt/
パンデミック・マンとは全く違う雰囲気の話ですが、もしよろしければぜひ読んで頂きたいです。



※17/01/11
話数のズレ(47話が飛んでる)修正しました。

※17/01/11
最終話投稿しました。完結です。
投稿間隔も不定期で更新に粗がありましたが、それでも長い間お付き合い頂き本当にありがとうございました。

※2017/01/15
全話見直して諸々の誤字脱字等の修正を行いました。
ゲロほど疲れる作業だったので次回作からは誤字脱字等気をつけて投稿します。

※2017/01/15
新作書き始めました。 →→→ http://ncode.syosetu.com/n2067dt/
パンデミック・マンとは全く違う雰囲気の話ですが、もしよろしければぜひ読んで頂きたいです。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。