流水の管理者の一歩
作者名: 桐谷瑞香
【出だし200文字】
「えっと、今、何と言いましたか?」 「だからテレーズの異動先は水環(すいかん)省だ。国全体の水に関連することを管理している場所だ。ここよりも遠くなるが大丈夫だよな?」 「すい……かん……」  ソファーに座り、復唱したテレーズの顔は徐々に強ばっていく。予想外の展開に頭がついていかなかった。  目の前に座っている異動先を告げた上司は、申し訳なさそうな表情をしている。彼は一息吐いた後に口を開いた。 「…//
キーワード シリアス 西洋風 近代 成長 仕事 先輩後輩 事件 
種別 連載完結済〔全3部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 15,165文字
掲載日 2017年 06月 06日 22時 26分
最終投稿日 2017年 06月 06日 23時 20分
Nコード N6427EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 望んでいない職場に異動となってしまった、テレーズ。受け入れられないまま新たな職場に訪れると、ほとんどの人が出払っている時だった。ちょうどその職場に関係する問題を起こした事業所を探している真最中だった。テレーズは先輩のバルドと隣の課のルベグランに連れられて、手がかりを求めて問題の事業所に訪れるが……。
 迷い悩む女性が新しい地で奮闘していく、近代を舞台にした水に囲まれた町で繰り広げられる物語。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。