悲しき愛の形
作者名: 有野 かおる
【出だし200文字】
「ごめんなさい!もうやめて!!もうしないから…!!」 そう叫んだ女の右足に包丁の刃が当てられた。 「ぎゃあああああああ!!」 薄暗い部屋に擘くような悲鳴が響く。 弱い裸電球が床を舐めるように照らした、 夥しい量の赤を。 よろけながら逃げようとした女は、自身の血液で足を滑らせた。 「ッ……!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」 後ずさったそこにはもう、逃げ場が無い。 //
キーワード 残酷な描写あり 悲恋 有野かおる 悲しき愛の形 完結 短い 
種別 連載完結済〔全4部〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 3,720文字
掲載日 2017年 01月 04日 16時 34分
最終投稿日 2017年 01月 12日 02時 04分
Nコード N6447DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
女は痛みの中で愛を叫ぶ。
それが女の悲しき愛の形。

全ての答えを知ったあなたは
きっと真実を確かめる。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。