ラジエルの書
作者名: 庚 真守
【出だし200文字】
“ラジエルの書”と呼ばれる本がある。  神の玉座をおおう帳の中に立つラジエルは、この地と天のすべてを知り尽くしているという。その万物の原理は一冊の書にまとめられた。  それは、楽園を追われることとなったアダムに与えられ、のちにノアの手に渡る。  ノアは、書物から得た知識で方舟を建造して大洪水を逃れたという。  さらに時代を下り古代イスラエルの王ソロモンに“書”は魔術を与えた。  現在も大英博物館所//
キーワード R15 異類婚姻譚 伝奇 現代 異世界 天使 ヤンデレ 溺愛 甘々 恋愛 ファンタジー 大学生 美形 
種別 連載完結済〔全6部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 19,382文字
掲載日 2013年 03月 25日 07時 49分
最終投稿日 2013年 03月 26日 00時 00分
Nコード N6534BO
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
現世と異界の狭間に捕らわれていることに彼女は、まだ気づいていない。……大天使ラジエルのこと。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。