俺の周りには厄介な女ばかり
作者名: リュミエール
【出だし200文字】
 四月十日  今日は俺が通うことになる星牙高校の入学式の日だ。  俺の名前は本田和樹。  特に大した夢があるわけでもなく、適当なレベルの高校を選び、入学した。  正直、働くといってもよくわからないし、想像すると何だかダルくなる。なので、今まで将来の事は真面目に考えたことはなかった。  適当に大学いくなり、会社を勤める程度の認識でしかない。  父さんには、そんな考え方ではいつか後悔すると言われている//
キーワード R15 ラブコメ 男主人公 学園 現代 中二病 幼馴染 歌手 ツタヤリンダ大賞A2 OVL大賞3 ツタヤリンダ大賞B2 
種別 連載〔全87部分〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 227,912文字
掲載日 2017年 06月 07日 00時 31分
最終投稿日 2017年 09月 21日 00時 35分
Nコード N6544EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
俺の名前は本田和樹
遂に始まった高校生活は、退屈なものになると思いきや、俺の周りの女どもに振り回されて、とても退屈とは言えないものだった
俺は高校生活を通して学ぶことになる
退屈であることは、素晴らしいものなのだと…
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。