八大龍王伝説
作者名: ぜぜゆうた
【出だし200文字】
【000 序】 〔本編〕  古代、まだ人と竜(ドラゴン)が共存していた時代の話である。  ヴェルトという名の大陸では、常に人と竜の争いが絶えまなく起こり、その度、人や竜あるいは動物などが数多く犠牲になっていた。  そして、このヴェルト大陸の遙か天空の彼方には、天界と呼ばれる世界が広がり、そこには『神』と呼ばれる者達が住んでいた。  天界の神々は、ヴェルトの現状を大いに憂い、大陸の平定に、八人//
キーワード オリジナル戦記 ヒーロー ファンタジー ツタヤリンダ大賞A2 戦記 ドラゴン 八大龍王 竜 歴史 星球大賞2 ツタヤリンダ大賞B2 OVL大賞4 ネット小説大賞六 ネット小説大賞六感想 
種別 連載〔全472部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,476,751文字
掲載日 2013年 02月 21日 12時 08分
最終投稿日 2018年 01月 20日 18時 21分
Nコード N6652BN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】

 古代、まだ人と竜(ドラゴン)が共存していた時代の話である。
 八大龍王と呼ばれた神々とその時代を生きる人々の織り成すファンタジー歴史戦記。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。