オール・ブラック
作者名: fsc
【出だし200文字】
オール・ブラック - α - ノウス 2010年6月19日 場所不詳 時期不明 「僕らは死ぬ時、何を見るだろう?」 その言葉は僕が動く出来ずにながら、思考に浮かんでた。そうながら、この白いと灰色の空をずっと眺め続けてた。この景色は僕にとって、いつからかと何があったのか知らずに、目覚めた時からの初めての風景だった。その言葉も僕にとっては初めての考え事。知らないが、それはただ僕の本能が「僕は生き//
キーワード SF 記憶喪失 痴呆 明晰夢 
種別 連載〔全3部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 26,726文字
掲載日 2015年 10月 12日 15時 56分
最終投稿日 2015年 12月 11日 15時 14分
Nコード N6701CX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
昨夜、僕は記憶を持たずに目覚ました、昨日生まればっかりのように。だが、誰も「過去」の有無を証明出来ない。この瞬間から存在が始まったで記憶が作り上げられたばっかり可能性がある。
それが僕の感じている気持ち、迷い、混乱、そして不安と。そうかも、僕は昨日生まればっかりかも知れない。だけどどうやら、そうではないような。僕の「過去」は追いかけている見たい。思いつけないが、僕は僕立ヘリコプターを堕れさせただってさ。
くそっ!!何で何も覚えてないんだ?!名前…名前まで覚えてない!何で?何で名前を覚えてないのに僕をこんな事にされた人は知てるんだ?!
そして、僕は人間じゃないかと疑っている、今日があってなぁ―― 僕は雨を止まった。いいえ、そんなんじゃない。天気を雨から晴れに変化するとかじゃない。僕は…どう言えば…千と万の雨粒を落ち止まった、宙に垂らした、。僕の回りに世界引力は空しいになったなように。
...
分かった、全てが終わらせるべきだろうな…
僕は――――、僕の物語を教えてやろう。

http://anssenverse.blogspot.com/2015/08/allblack.html
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。