幻想大陸
作者名: しるうぃっしゅ
【出だし200文字】
 陽が沈みかけつつあった時間帯からポツリポツリと大地を濡らし始めた雨は、時が過ぎるのと比例して激しさを増していき、既に月が天上に昇る頃には土砂降りとなっていた。  季節は冬に差し掛かる今日この日、その雨は凍てつく寒さとなって周囲一帯を包み込む。ぶるりと身体を震わせる、底冷えする温度だ。  それもある意味当然のことで、周囲は巨大な木々に覆われた自然の大迷宮。普通の村人ならば決してよりつかない魔//
キーワード R15 残酷な描写あり 剣 魔法 能力 ファンタジー 中ニ エルフ 狐耳 竜人 その他 
種別 連載〔全106部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,056,755文字
掲載日 2013年 05月 26日 17時 04分
最終投稿日 2017年 03月 23日 23時 42分
Nコード N6881BQ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
アナザーと呼ばれる剣と魔法と能力が支配する異世界。
その世界で生まれ育った、剣に全てを捧げる剣士と魔法に全てを捧げる魔女が出会ったとき物語の幕が開く。彼らの目的はただ一つ。エレクシルという名の女神を殺すこと。


警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。