悪魔と始める学園生活
作者名: 皆川英雄
【出だし200文字】
 幸鴎学園《こうおうがくえん》。この国有数のエリート校で、通える生徒も家柄や地位によって限られるという厳かな風習を持つ学校だ。  無論生徒達は学問、その他の要素において腕を磨き、将来国を発展させる担い手としての力や、世界で活躍するための力を身に付けるため、日々切磋琢磨することを強いられる。  一方、この学校の名を出すだけで就職率が格段に上がったり、社会的地位が向上するなど、一般民から疎まれてしまう//
キーワード スクールラブ 日常 青春 異能力バトル ラブコメ 悪魔 美少女 召喚 高校 学校生活 戦闘 最強 男主人公 人外 現代 
種別 連載〔全14部〕
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 65,016文字
掲載日 2017年 05月 02日 02時 32分
最終投稿日 2017年 08月 17日 02時 08分
Nコード N6896DY
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 日本有数のエリート高校「幸鴎学園」に、2年生の1学期から入学した、黒谷蓮(くろやれん)は、とある事件から“超”有名人になってしまう。だがそんな彼の本当の目的は……“悪魔を探すこと”で……!?



 国立幸鴎学園は、高校、大学一貫のエリート校。主人公の蓮達が所属する幸鴎学園高校の総生徒数は482名。(各学年160名、一クラス40名の四クラス、入学時160人しか受け付けないため基本的には変わることはない。しかし今年は2年生に転校生が二人いる)トランプの四つの模様に酷似した四つの校舎の総面積は東京ドーム8個分に相当するという。将来に羽ばたくための未来ある特待生を育む。その名声は高く、国家公務員等への圧倒的就職率を誇る。生徒は家柄や学問における選抜のみでなく、身体能力による入学も許されており、彼らは学園の設備を利用しアスリートとして活躍するための努力を重ねる。また世間では、生徒の贔屓のされ方から、学園の生徒を位の高い人間と例えて、それらを生み出すこの学園を“王の工場”と称す。現在、生徒会長明神麗亜を筆頭とし、都市伝説として伝わっている“五大名門”の当主が全員2年生に存在すると言われている。
 幸鴎学園に入学した黒谷蓮は、死んだ姉の復活のために、悪魔と契約を交わした。悪魔に興味を示し、蓮を利用しつつ協力する生徒会長、明神麗亜を筆頭に、クラスメートの吉良拓人、龍ヶ崎天斗や、悪魔について知る九条聖羅、麗亜の妹である明神麗良、生徒会役員達や“名家”の当主、そして、蔓延る“悪魔”達と共に、蓮は学園生活を繰り広げることとなった──
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。