クラスごと集団転移しましたが、一番強い俺は最弱ランクの商人に偽装しました。
作者名: かわち乃梵天丸
【出だし200文字】
 夏休み前の終業式を控えたその日、それはやって来た。  ブオンと低い唸り音と共に巨大な魔法陣が気怠い暑さに満たされた高校の教室の床に描かれる。いくつもの青いラインと赤いラインで描かれた複数の禍々しい魔法陣。何度も経験したあのおぞましい感触。  召喚魔法陣だ!  しかも今回は俺一人を召喚するのではない。教室の床全体を覆う巨大な魔法陣だ! 間違いない、これは集団転移だ! 集団転移は物凄い魔力コストが掛//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 残念な描写あり ファンタジー 魔王 王女 集団転移 ショップ 商人 アイテムボックス 勇者召喚 俺Tueeeけど隠す ハーレム クラス転移 コメディ調 
種別 連載〔全167部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 524,504文字
掲載日 2017年 01月 25日 06時 05分
最終投稿日 2017年 09月 06日 00時 01分
Nコード N7017DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 召喚の度にステータスを引き継いで「強くてニューゲーム」状態を繰り返していた俺。今回はクラス全員を巻き込んでの勇者大召喚。面倒な勇者なんてしたくないのでステータスの偽装をし商人になりきって活躍しないと決めた。でもあまりにボンクラにステータスを振ってしまったせいか召喚者からはゴミ扱い。与えられた部屋は窓無しの暗い部屋に藁のベッドに粗末な食事と酷過ぎる扱い。
 ちょっとやり過ぎたかな?
 でも大丈夫。俺にはアイテムボックスとアイテムショップと言う切り札が有る。無いなら自分で何とかすればいい! 俺は異世界でDIYと商売をしながらのんびり暮らすことにしたのだが……。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。