夏空うさぎが見つめる丘にて
作者名: オニオン@秋音
【出だし200文字】
「愛しているよ」  それはあまりにも唐突な一言だった。  いつもと変わらない天体観測の最中で、直前は何の会話もしていなくて、私は草の上に寝ころんだままぼんやりと星を眺めていた。 「――……え!?」  だからとっさに反応できなくて、それこそ流れ星が三つくらい消えた後に飛び起きた。髪とか服とかに付いた汚れを気にしている余裕なんてない。緩やかな傾斜に足を滑らせながらも立ち上がり、丘の上に立つ牧之(//
キーワード スクールラブ 日常 青春 少しファンタジー 中学生 恋愛要素有 現代 ほのぼの 夏休み 少年 少女 天体観測 
種別 連載完結済〔全12部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 30,630文字
掲載日 2017年 09月 02日 20時 06分
最終投稿日 2017年 09月 13日 20時 03分
Nコード N7089EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
どこか懐かしい時代の夏休み。日常を生きる少年少女の前に一人の不思議な少女が現れる。
天体観測、夏休みの宿題、海、山、駄菓子屋さん……。
二度と戻らない時間の流れがかけがえのないものだと気づかされる。

最後の一行までお付き合いください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。