大仏転生
作者名: 相羽裕司
【出だし200文字】
 気がつくと、俺は大仏様になっていた。  これ、奈良県にある、アレであろうか。  アレが俺で、俺がアレ、ということ? よく分からない。  だが、フと思った。大仏様も悪くない、と。  人間だった頃の俺はアラサーになるまで彼女もおらず、仕事もたいして上手くいかない。そんな人生で、色々と行き詰りも感じていた。あとは、こうして大仏様になって、国民を見守りながら生きていくのも悪くないかもしれない。 //
キーワード 異世界転移 年の差 近未来 ギャグ 男主人公 和風 現代 チート ハッピーエンド パラレルワールド 
種別 連載〔全2部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 7,193文字
掲載日 2017年 09月 02日 20時 07分
最終投稿日 2017年 09月 03日 19時 56分
Nコード N7092EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 気がつくと大仏様になっていた俺が、巨乳女子高生を助けたりしつつ、末法の世の不届き者たちに俺TUEEEする、救世系痛快アクション物語。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。