その勇者、虚ろにつき
作者名: パイルバンカー串山
【出だし200文字】
「主文、被告××××は……」  音が聞こえる。 「判決……」  特に理解した所で、意味の無い、音だ。 「……刑、……くり……えす……」  こんなものに、意味は無い。 「……死……」  僕にも、意味は無い。   ◇◇◇ 「……ここは、どこなんだ」  気がつけば、男は奇妙な部屋の中にいた。  今どき珍しい石造りの壁や床、やや不純物が入りこむガラス窓。  そして、床に描かれてい//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 サイコホラー 異世界トリップ ダーク 拷問 勇者 死にまくり ほのぼのを 期待するなら 読むな グロ チート 主人公最強 奴隷 ぼっち主人公 
種別 連載〔全74部〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 252,928文字
掲載日 2011年 12月 24日 01時 16分
最終投稿日 2017年 06月 08日 03時 38分
Nコード N7248Z
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
剣と魔法の世界、魔王との戦争に明け暮れる同盟四国の一国、ノル国は国秘とされる召喚魔術により、現代世界より呼び寄せた勇者で魔王を倒そうとする。

しかし、現れた勇者は心持たぬ虚ろの怪物。魂に空洞を宿す連続殺人鬼だった。

その勇者に願うな。
例え、諦められぬ願いがあろうとも。

その勇者にすがるな。
例え、絶望の淵にあろうとも。

その勇者に挑むな。
されど、人は生き抜くために闘いを選ぶ。

これは世界を救おうとする勇者の物語。
これは世界を護ろうとする英雄達の物語。

※第一話完、現在第二話進行中

※拍手ページにおまけがつきました
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。