王妃専属ガーデナー
作者名: 瑛美(あきみ)
【出だし200文字】
 風はまだちょっと寒いけど、日差しが暖かく感じ、緑が増え、花もちらほら咲き始め、春が来たのだなぁと、実感している3月半ばの昼下がり。  わたしは、自室のソファーにただ座っていました。忙しくて疲れているせいもあるのですが、 「落ち着かない・・・」  一応、伯爵令嬢なので、部屋はそれなりの広さがあり、家具・調度は一流品。毎日の掃除が行き届いていてきれいです。  久しぶりの自分の部屋は、他人の家の客室に//
キーワード 日常 王宮 庭園 ほのぼの 美形 貴族 魔法 パワーストーン ガーデニング 女主人公 アイリス恋愛F大賞8 
種別 連載〔全48部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 138,196文字
掲載日 2016年 03月 16日 10時 10分
最終投稿日 2017年 08月 10日 16時 58分
Nコード N7263DE
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
園芸大好き伯爵令嬢ローズマリーがミルトニア王国王妃様の専属庭師として王宮に就職。
ガーデニングライフを満喫するはずが、王妃様の雑貨屋の経営に関わることになったり、魔法の能力があることが分かり特訓することになったりと、庭以外のことが増えてきています。
***ガーデニングに関しては、趣味程度の知識です。ご了承下さい。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。