天井裏のウロボロス
作者名: 夙多史
【出だし200文字】
=================================================                   Volume-01 ================================================= ◆秋幡紘也(あきはたひろや) <i27158|2717>  本作の主人公。17歳の高校二年生。世界魔術師連盟が誇る大魔導師の一人――//
キーワード ライトノベル 王道 バトル コメディー ハイテンション 幻獣 魔術 ドラゴン 現代 陰陽師 神話 人外ヒロイン 残念ヒロイン 
種別 連載〔全173部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 686,485文字
掲載日 2011年 07月 09日 12時 00分
最終投稿日 2018年 01月 20日 22時 19分
Nコード N7279U
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 世界魔術師連盟の魔術実験が失敗し、世界中に多くの幻獣が召喚されてしまった。実験の責任者だった秋幡辰久は、人を襲う幻獣から息子を守るため、自分の契約幻獣を派遣することにした。一方で、友人たちと肝試しを行っていた秋幡紘也は幻獣に襲われていた。魔術師の息子ながら魔術を使えない紘也は簡単に取り囲まれてしまう。そんな紘也を一人の少女が助けた。圧倒的な強さを見せる彼女の正体は、なんと幻獣ウロボロスだった。――戦う力はないけれど、仲間のために立ち上がる主人公。お調子者ゆえに扱いは残念だが、可愛らしく芯が強いヒロイン。そんな彼らが織り成すハイテンション現代ファンタジー。※縦書きPDFだと文字化けする文字を使用しております ※カクヨムにても掲載しています。

縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。