宇宙(そら)へ逝こう
作者名: hachikun
【出だし200文字】
 何があるかわからない、それが人生であると誰かが言った。  ずっと昔、新入社員で入った瞬間に退職金の計算ができると言われた時代があった。いわゆるバブルの前のことだ。  それは「夢がない」という意味で未来を悲観する言葉だったが、西暦2016年に同じセリフを吐いたなら、どんな安定企業に就職したのかと言われるかもしれない。定年まで務め上げる時代は終わり、今は、いかに簡単にクビにならず、安定した仕事に就く//
キーワード R15 残酷な描写あり スペースオペラ SF アンドロイド 宇宙文明 地球は現代 シリアス 男主人公 HJ大賞 TS 
種別 連載完結済〔全264部分〕
ジャンル 宇宙〔SF〕
文字数 1,005,890文字
掲載日 2016年 05月 19日 17時 14分
最終投稿日 2017年 09月 20日 12時 00分
Nコード N7518DH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
さえないお人よしのオッサン、野沢誠一氏が遭遇した外国人の女。
そんな彼女を追う黒服たち。
何も知らずに道案内した事。
たったそれだけの事が、彼の人生を劇的に書き換えてしまう事になる……。

なんだそれ、適職が巫女(みこ)って。俺は男だってんだオイっ!

なお、宇宙ものにあたると思いますが、地球側は思いっきり現代です。
地球とはまったく無関係に銀河文明が存在、発展しています。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。