胡桃の中の蜃気楼
作者名: 萩尾滋
【出だし200文字】
 3日間ほど降り続いた雨が止み、ようやく晴れ間が広がった。一気に気温が上がり、7月らしい陽光が降り注いでいる。  ゴシック様式のマナー・ハウスを一望できる広々とした芝生に面した池の傍には、ゴールデンアカシアの大木がライム・グリーンの葉を茂らせている。夏の光を受けて輝くその枝葉は、対照的に黒々とした影を作りだし、そこに置かれたガーデンセットと腰かけている少年に、涼しげな木陰を提供していた。 「解//
キーワード 近未来 人工知能 イギリス 現代 パブリックスクール マナーハウス 
種別 連載〔全264部〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 571,142文字
掲載日 2016年 06月 09日 00時 59分
最終投稿日 2017年 01月 17日 05時 08分
Nコード N7574DI
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
イギリスの田舎に領地を持つ伯爵家に、インドから幼い少女が引き取られる。伯爵家の嫡子ヘンリーと数学に異常なほどの才能を見せる少女、そしてヘンリーの友人アスカは、心を通わせながら、世界を変えることになる発明をしてゆく。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。