胡桃の中の蜃気楼
作者名: 萩尾滋
【出だし200文字】
 序章 主人公ヘンリーの幼少期です。     読み飛ばして、第一章あるいは、第二章から読み始めて頂いても、差支えないと思います。  序章 主な登場人物紹介 *ヘンリー・ソールスベリー    英国貴族マーシュコート伯爵リチャード・ソールスベリーの長男。 全寮制プレップ・スクール(パブリックスクールに進学するための学校)に在学中。 *サラ・アマラ・スミス リチャードの娘で、ヘンリーの腹違//
キーワード R15 青春 近未来 人工知能 イギリス 現代 パブリックスクール マナーハウス 経済 空想科学 
種別 連載〔全539部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 1,196,149文字
掲載日 2016年 06月 09日 00時 59分
最終投稿日 2017年 10月 17日 22時 19分
Nコード N7574DI
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
インドから突然やってきた義妹・サラ、英国全寮制パブリックスクールで出会った日本人留学生・飛鳥、この類まれなる才能を持つ二人との出会いが、義務と規律に縛られ生きて来た英国貴族嫡男ヘンリーの、意識と生きる意味を変えた。世界を舞台に青年企業家としての道を歩み始めるヘンリーの熾烈な戦いが今始まる
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。