Sleeping Online〜寝ている間は冒険者〜
作者名: 結城明日嘩
【出だし200文字】
「な、なんだ、この世界は!?」  俺が受けた衝撃は凄まじかった。VR映像をはじめて見た時もかなりの衝撃だったが、それを大きく上回る。  まさに新しい世界に踏み入れた。そんな感覚だった。  開発者いわく、人間の記憶にある情報を利用して、人の肌はこんな感じ、土の感触はこう、布の質感はこうだろう。  そうした補正を掛けているらしい。  モデル自体はポリゴンを利用した仮想のものらしいが、そこに貼られている//
キーワード R15 残酷な描写あり VRMMO 元ゲーマー主人公 おっさん 攻略 ゲーム知識 人形姫 マンゴーシュ OVL大賞1 性的暴行表現あり 
種別 連載完結済〔全117部〕
ジャンル VRゲーム〔SF〕
文字数 395,737文字
掲載日 2016年 11月 02日 11時 30分
最終投稿日 2017年 04月 06日 09時 16分
Nコード N7592DP
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
『日々の仕事に追われるようになったゲーマーへ』
 そんな謳い文句を広告に売り出されたVRゲーム『Sleeping Online』
 そのシステムは、人間が眠っている状態の時に、夢を見る原理を利用して、そこでゲームを走らせるという画期的な技術だった。
 有名大学の教授などが検証を行い、その安全性は確保済みらしいがやはり不安の声も大きい。
 成長ホルモンへの影響も危惧され、20歳以上の成人のみがプレイ可能。

 社会人になって仕事に追われる日々を送っていた元ゲーマーの主人公は、持ち前の好奇心とゲームへの欲求からプレイを開始する。

 ゲームとして攻略していく雰囲気を中心に仮想世界での充足感などを描いていければなぁと思っています。

『オーバーラップweb小説大賞』クォーター1に投稿中。初投稿なのでドキドキ。

※一部性的な暴行(強姦・レイプ)を扱うシーン、描写もあります。苦手な方はご注意下さい。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。