工場の狂人
作者名: ぱんだ祭り
【出だし200文字】
 あれは僕が会社を辞めた直後のことだった。  大学を卒業し3年間務めていた会社を辞めたのには、特にこれといった理由はなかった。  何となく疲れたというか、このままこの会社にいても先々おもしろいことが起きそうもないので辞めたのだ。  仕事もまあうまく行っていたし、同僚や先輩にも恵まれていた。  しいて言えば頑張って3年間働いたし、そろそろ長期休暇を取りたいと考えていたのだ。  その長期休暇もそこま//
キーワード 男主人公 和風 現代 職業もの 群像劇 プロレタリア 文学フリマ短編小説賞 
種別 短編
ジャンル 純文学〔文芸〕
文字数 9,437文字
掲載日 2015年 01月 05日 22時 21分
Nコード N7648CL
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
理由もなく会社を辞めた主人公は暇潰しのために工場で働くことにした。しかし、その工場の奥には信じがたい狂人が待ち受けていた。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。