終焉世界
作者名: ミノ
【出だし200文字】
 どうやらこの世界は終わるらしい。  その日の天気も灰曇りで、雨の代わりに変な色の灰が降っていた。  灰白色にうっすら青緑の混じったようなそれはこっちの世界では地獄の灰とか悪魔の灰とか、そういう名前で呼ばれている。地面に落ちると普通の白っぽい灰になるけど、代わりにそこに含まれている毒が抜けて地面に染みこんでいく。毒が抜ける前の灰は要するに毒入りなので、吸い込まない方がいいと教えられた。  俺//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転移 デッドエンド ダークファンタジー 異世界トリップ 世界滅亡 地獄 最後の晩餐が不味い OVL大賞1 
種別 連載完結済〔全50部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 161,952文字
掲載日 2015年 05月 04日 21時 20分
最終投稿日 2015年 07月 18日 08時 00分
Nコード N7679CQ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
クラス全員トリップした先は、静かに灰の降り積もる滅び行く異世界だった。
生き延びたその先に待つのは破滅のみ。暗黒世界のデッドエンド・ファンタジー。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。