貧の盗みに恋の歌
作者名: リラックス@ピロー
【出だし200文字】
 山田君を図書館で見かけたのは偶然だった。  私は普段本を読むなら絶対に新品を買うから、図書館に用事があるのはレポートの課題を書くために参考文献を探す時くらいだった。今日は中間レポートを書くために、大学の付属図書館を訪れたのだ。地下二階の埃っぽい空気に眉を顰めながら、本棚に視線を向けると目的の本はすぐに見つかった。他にもレポートに使えそうな本を何冊か手に取ると、足早に階段へ向かう。滞ってよどんだ空//
キーワード スクールラブ 日常 大学生 図書館 
種別 連載完結済〔全4部分〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 7,010文字
掲載日 2017年 09月 03日 20時 05分
最終投稿日 2017年 09月 13日 23時 00分
Nコード N7730EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
図書館で繰り広げられる、大学生四人の恋物語。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。