マジック・メイカー -異世界魔法の作り方-
作者名: 鏑木カヅキ(旧:鏑木かなえ)
【出だし200文字】
 部屋の中央で僕は座っていた。  小さなテーブルの前でじっとして、ずっと時計を見つめている。  二十三時五十五分。  もう少しで日をまたぐ。  明日は待ちに待った僕の誕生日だ。  先に言っておくが、別に友達や家族や恋人が祝福してくれるわけじゃない。  部屋には僕しかいないし、サプライズパーティーが開かれる情報も得てないし、そもそも僕には誕生日を祝福してくれる人なんていない。  だが、僕は誕生日を心//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生 ファンタジー 魔族 魔法開発 エセ科学 英雄 戦闘 姉 成り上がり 主人公最強 魔法学園(予定) 選ばれし血統 魔法は最強 魔法はいいぞ チート 
種別 連載〔全110部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 647,078文字
掲載日 2017年 06月 09日 18時 08分
最終投稿日 2017年 10月 18日 18時 00分
Nコード N7762EA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
三十歳にもなりながら魔法を使いたいと思っていた男は不意に死んでしまい、目覚めると異世界に転生していた。シオンと名付けられた彼は、異世界ならば魔法もあるだろうと期待に胸を膨らませていたが、その世界には魔法が存在しなかった。
落ち込み、無気力になるシオンだったが、ある出来事をきっかけに魔力の存在を発見する。
「そうだ。魔法がないのならば自力で作ればいい」
そう考えたシオンは、その日から魔法の研究を始める。やがて魔法でしか治せない病の蔓延、魔法でしか倒せない敵との邂逅を経て、シオンは世界を救う英雄となっていく。これはただの魔法バカが運命に翻弄されつつも、魔法の力と不屈の闘志で乗り越え、最終的に人々に魔法を布教していく、そんな物語である。
※物語が大きく動き出すのは怠惰病編からです。【総合日間ランキング3位になりました】
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。