その女、小悪魔につき――。
作者名: 九曜
【出だし200文字】
 ひとつのハンバーガを両手で持って食べるさまは、リスかハムスターのようだと思った。  口いっぱいに頬ばっているわりには、さっきからぜんぜん減っていない。ぜんぶ食べたとしても、いちばん小さなハンバーガひとつ、プラス、Sサイズのオレンジジュース。男の僕からすれば、そんなので足りるのだろうかと心配してしまう。 「ん? なに?」 「いや、何でも」  こちらの視線に気づいて首を傾げる三枝小枝(さえぐさ・さえ//
キーワード スクールラブ 日常 青春 ラブコメ 学園 年上 美少女 高校生 コメディ 恋愛 ライト ライトノベル 小悪魔 上級生 学園のアイドル 
種別 連載〔全54部分〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 255,678文字
掲載日 2011年 02月 10日 11時 55分
最終投稿日 2016年 12月 25日 00時 32分
Nコード N7930Q
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 槙坂涼という名の生徒がいる。
 彼女をひと言で表すなら、黒髪ロングのオトナ美人。清楚を絵に描いたような美貌だ。当然、男女問わず人気があって、学校では知らないものはないと言ってもいいだろう。だが、実は彼女の本性は悪魔である。僕はそのことをよく知っていた。
 一方、この僕――藤間真は平和と退屈と本を愛する一介の男子生徒である。
 にも拘わらず、僕は槙坂先輩と浅からぬ仲にあった。
 これはそんな僕たちの高校生活の話――。

◆アルファポリス様より『槙坂涼は退屈を好まない。』のタイトルで全2巻が刊行されています。
◆書籍化部分を削除しましたが、残っているものだけでも楽しんでいただけるよう改稿しました。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。