異世界の7人
作者名: 黒蜥蜴
【出だし200文字】
 俺の名前は安井誠。  こう見えて傭兵やっているんだ。  いや、元々正規の軍人だったんだが、軍隊辞めた。  理由?  傭兵団にスカウトされたからだ。  そのスカウトは美女だった。 「もしも貴方が傭兵になれば、軍隊の3倍の報酬を払うわ」  金も手に入れたいし女も手に入れたい。  だから俺は傭兵になった。  後悔してない。  俺はいつもAK47とコルトガバメントを使っている。  AK47は旧ソ連製//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 オリジナル戦記 ラブコメ ミリタリー 魔法 
種別 連載完結済〔全13部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 5,427文字
掲載日 2018年 01月 13日 13時 50分
最終投稿日 2018年 01月 13日 22時 47分
Nコード N8012EM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
傭兵の安井誠は銃撃を受けて気を失う。
目を覚ますとそこは異世界だった。
安井以外にも軍人や傭兵などの「殺人」のプロフェッショナルが異世界にいた。
 そして彼らを襲うオークやゴブリンとかの魔物。
 
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。