泣けるユーモア短編集
作者名: 水本爽涼
【出だし200文字】
 感涙(かんるい)に咽(むせ)ぶ・・ということがある。悲しいことではなく、喜びの余り思わず感(かん)極(きわ)まり、知らず知らずのうちに頬(ほお)を幾筋(いくすじ)もの涙が伝う・・といった、そんな状況だ。無意識にぅぅぅ…と、思わず涙が頬を伝う訳である。当然、傍目(はため)にはその人物の心理状態が分からないから、おやっ? と他人が思える事態も多々(たた)、発生する。  初土俵から苦節20年、35才に//
キーワード  
種別 連載完結済〔全100部分〕
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 69,405文字
掲載日 2017年 01月 27日 17時 12分
最終投稿日 2017年 09月 14日 00時 00分
Nコード N8014DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
泣けるストーリーの中にあふれるユーモアなお話の数々。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。