町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜
作者名: ルンパルンパ
【出だし200文字】
 電車の中、今日も朝からスーツ姿でつり革に掴まり、仕事場へと向かう。  俺の名前は藤原信秀、もうすぐ二十歳を迎える先の見えない派遣社員だ。 「だからさー!」 「嘘っ!? マジで!?」  座席に座る学生達からは元気な声が聞こえる。  その元気を少し分けてくれと思う今日この頃。  そして俺は静かに目を閉じる。  それは、駅に着くまでのわずかな時間でも、昨日夜更かしした分の睡眠を取り返そうとする涙ぐ//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 集団転移 異世界 書籍化 商売 魔法 銃tuee 内政 NAISEI 外交 NOGYO 農業 現代兵器 現代技術 商人 
種別 連載〔全108部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 563,339文字
掲載日 2016年 02月 26日 15時 08分
最終投稿日 2016年 12月 17日 10時 52分
Nコード N8031DD
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ある日の朝に起きた電車の脱線事故。
それは切っ掛けだった。
電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。
そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。
老人は言った。
――お前達を別の世界へ移動させる、と。
――生きていくための、力をやろう、と。
すると空中に現れる裏を向いた数百枚のカード。
ある男子学生がカードを引くと、そこには【槍の才】【大】【★★★】と書かれていた。
また、ある女子学生がカードを引くと、そこには【水の魔法の才】【小】【★★】と書かれていた。

そしてある男が引いたカードは……。

これはしがない派遣社員である藤原信秀が、【町をつくる能力】【★★★★★★★★★★】を得て異世界に町をつくるお話。
最初は江戸の町だけど、いずれは現代の町を目指して、がんばります。
※宝島社様より書籍化します。第一巻は2016.9.10に発売です。
※感想はありがたく読ませていただきますが、返信は多分できません。すみませんm(__)m
※4/8 タイトルを変更
『町をつくる能力!?〜異世界につくろう藤原幕府〜』→『町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜』
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。