異郷より。
作者名: TKミハル
【出だし200文字】
 古の書物は語る――――――かつて栄えた魔法文明の人々の欲は深く、自らの肉体や家畜の延命、改良に留まらず、とうとう高度な思考能力と魔法力を持つ生命を生み出すまでに至った。  だが、人々が得た巨大な力はやがて暴走を始め、多くの犠牲と文明の崩壊を招く結果に終わる。  神への願いの代償は大きく、眠る竜は牙を剥き、海に潜む魔物は汝を藻屑と化す。求めるものよ、心せよ。いずれまた同じ道をたどるやも知れぬ。己が//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界 冒険 魔法 コメディ? シリアス? 恋愛? ビター&淡泊系 
種別 連載〔全342部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 984,334文字
掲載日 2011年 10月 21日 23時 57分
最終投稿日 2017年 09月 14日 00時 35分
Nコード N8034X
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 勘当同然で家を飛び出し、流れの冒険者となったシャーロットに、ある日妹からの伝言が届いていた。曰く、こちらには帰りにくいかも知れないけれど、せめて手紙だけでも送ってほしい。また、半年以上連絡が途絶えた場合には、ギルドに捜索願を出そうとも考えている、と。……これは、そんな筆不精な姉シャーロットの冒険譚である。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。