ヌケガラ――ドリームランドはさし招く――
作者名: 柿ノ木コジロー
【出だし200文字】
 そこにはかつて、遊園地があったのだという。    誰も知らない、遠いむかし。  今となってはまるで、そんな面影はみられない。  緩やかな起伏の連なる山のふところ、少し行けば海も見られる、どこかこじんまりした平地は、一大住宅地に開発されている。  囲われた幻想の世界で繰り広げられた、いにしえなる遊興の日々――若者たちの嬌声も、ポップコーンの熱気も、人びとのさざめきも――それらはすでに、深い土の//
キーワード 残酷な描写あり 怪談 夏のホラー2017 オムニバス 観覧車 ミラーハウス 
種別 連載完結済〔全3部分〕
ジャンル ホラー〔文芸〕
文字数 7,466文字
掲載日 2017年 07月 31日 21時 05分
最終投稿日 2017年 08月 01日 15時 53分
Nコード N8074ED
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
―― そこにはかつて、遊園地があったのだという。

今では住宅地となった裏野ヒルズで暮らす、人びとの日常……
白亜の邸宅には、どんくさい過去をやり直そうと、伴侶を連れて住み始めた男が。
ありきたりな木造二階建てには、ごくふつうの親子が三人きりで。
どこかに響く不協和音は、ある時は徐々に、ある時は唐突に彼らを狂気の世界に導いていく。


※ 夏のホラー2017 参加作です。
公式で公開したこちらと、あぶれ分とを一つにまとめ、終章を加筆したものをご用意しました。
『ヌケガラ――ドリームランドはさし招く――完全版 コードN0396EF』
です。

こちらのコードはお祭り終了(2017.8.24)以降、いったん非開示とさせていただきます。
お読みいただいた皆様、ブクマ、ご感想、レビューなど下さった方々、本当にありがとうございました。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。