江戸時代の遊郭の楼主に生まれ変わったので遊女の待遇改善に努めつつ吉原遊廓の未来も変えようと思う
作者名: 水源
【出だし200文字】
この作品の登場人物紹介です 戒斗(かいと) 主人公、もとは現代の風俗店員で現在は吉原の大見世三河屋の若き楼主。 父親と兄がいたが兄は早逝し、父も心労でしんでいると言う設定。 現在数えで18歳 線の細い優男風の割りとイケメン。 藤乃(ふじの) この店で最も格の高い遊女である太夫で数えで23歳 あちこちの大名や豪商を客に持っている 大名との縁ができるときはだいたいこの人が話を持ってくる 割とハキハ//
キーワード R15 残酷な描写あり 日常 時代小説 シリアス 男主人公 和風 近代 江戸時代 吉原 遊郭 遊女 ほのぼの 職業もの 知識チート ハッピーエンド HJ大賞 
種別 連載〔全79部〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 262,826文字
掲載日 2017年 03月 26日 23時 52分
最終投稿日 2017年 05月 26日 00時 54分
Nコード N8264DW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
21世紀の現代ではただの風俗店員だった俺は過労死して暗い空間を漂っていた時に、弁財天こと市杵嶋姫命(イチキシマヒメノミコト)と名乗る女性に遊女を救うように心に直接呼びかけられた後で様々な知識を詰め込まれ、何故か江戸時代の吉原遊郭の最高級の店である大見世の楼主になってしまった。
しかしこの時代の吉原遊郭の生活は結構ひどいものがいろいろあって……なら、俺自身も含めて関係者の生活環境を改善して、そのうえでできれば梅毒が蔓延し遊女が使い捨てにされる吉原遊郭の悲惨な未来も変えようじゃないか。
そんな感じの話です。
結構いろいろご都合主義ですのでリアルさを求める方には向かないと思います。
また平和になった江戸時代なので天下取りとかの戦いはありません。

タイトル詐欺になりつつありますのでタイトルを一部変更しました。
知識万能な理由を吉原弁財天の加護としました。

その為プロローグを一部追記しています。

[参考・引用サイト]
ウィキペディア フリー百科事典
参考URL:ja.wikipedia.org/wiki/
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。