楽土創世のグリモア
作者名: しらたぬき
【出だし200文字】
「えー、それじゃ第二回模擬戦試験の結果発表だ。4年7組の優勝チームは勝ち点トップのCチーム、ファイセル・サプレ組だ!」  担任がそう発表すると教室は割れんばかりの拍手と歓声につつまれた。年に数回ある中間試験にチーム同士の戦闘訓練があり、今名前を呼ばれた彼、ファイセル達の班は今回の模擬戦闘試験で強敵揃いの5チームの間の模擬戦闘でほとんど勝利し、栄えある優勝を勝ち取った。  他のグループとの実力差//
キーワード R15 冒険 ファンタジー 魔法 学校/学園 魔法使い/魔女 妖精 モンスター バトル ツタヤリンダ大賞A2 HJ大賞 長編小説 剣と魔法の世界 召喚術 群像劇 
種別 連載〔全173部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 770,333文字
掲載日 2014年 12月 15日 22時 40分
最終投稿日 2017年 08月 22日 20時 04分
Nコード N8290CK
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
Chapter1:群青の群像
魔法学院リジャントブイルは1学期分の授業を終え、夏季休暇に入った。そんな中、クラスメイトから編成される1チームのリーダーであるファイセル・サプレの元へ思わぬ訪問者が現れた。ファイセルをはじめとしたチームメイトの夏季休暇が今始まる。

Chapter2:Bloody tears & Rising smile
ライネンテの北西の島、ノットラントの名門武家で新たなる女子の後継者が表舞台に立とうとしていた。彼女は実戦を踏みながら一人前の武士を目指す。一方、それを遡ること二年、ライネンテの片田舎には冒険者を夢見るも、とあるハンデを持つ庶民の少女が居た。2人の運命の歯車は徐々に廻り始める。これはそんな対照的な2人の少女の物語。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。