ブランリーゼへようこそ
作者名: みるくてぃー
【出だし200文字】
「ねぇ、もしかして今つけておられるリボンってブランリーゼの?」 「お気づきになられました? 先日頼んでいたドレスがようやく仕上がって参りまして、その時一緒に購入したものなんです」 「まぁ、ブランリーゼにドレスを頼まれたんですの!? 私もオーダーをお願いしたのですが三ヵ月待ちと言われまして」  甘い香りと紅茶の香ばしい店内で、若い女性客達が会話に花を咲かす。  彼女達が話をしているのは今女性の間で//
キーワード 異世界転生 悪役令嬢 古典恋愛 日常 青春 ラブコメ ギャグ 女主人公 西洋 お仕事 職業もの ファッション 残念な王子様 お母様最強 ネット小説大賞六感想 
種別 連載〔全24部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 132,780文字
掲載日 2017年 12月 08日 10時 55分
最終投稿日 2018年 01月 23日 07時 00分
Nコード N8466EK
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
今王都で人気のファッションブランド『ブランリーゼ』
その全てのデザインを手がけるのが伯爵令嬢であるこの私、リーゼ・ブラン。
一年程前、婚約者でもあった王子に婚約破棄を言い渡され、長年通い続けた学園を去る事になったのだけれど、その際前世の記憶を取り戻し一人商売を始める事を決意する。

試行錯誤の末、最初に手掛けたドレスが想像以上に評価をもらい、次第に人気を広めていくことになるが、その時国を揺るがす大事件が起きてしまう。
やがて国は変換の時を迎える事になるが、突然目の前に現れる元婚約者。一度は自分をフッた相手をリーゼはどうするのか。
そして謎の青年との出会いで一度は捨て去った恋心が再び蘇る。

【注意】恋愛要素が出てくるのは中盤辺りになると思います。最初から恋愛を読みたい方にはそぐわないかもしれません。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。