自転車のクラスメイト
作者名: ぱんだ祭り
【出だし200文字】
 それは私が高校生の時でした。    私はクラスの男子がキライでした。  だけれども仲良くやっていなかったのかと言われればそういうわけではなく、うまくやっていた方でした。  その時なにか嫌なことをされていたとか、特定の苦手な人がいるということではなくて、簡単にいえば男性自体が苦手だったのです。  それは小学生くらいの時からずっとそうでした。  ガサツで相手の気持ちなんて考えない子供。  繊細のか//
キーワード スクールラブ 古典恋愛 青春 私小説 文学 恋愛 学園 女主人公 現代 ハッピーエンド 文学フリマ短編小説賞 
種別 短編
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 3,605文字
掲載日 2015年 06月 22日 19時 03分
Nコード N8523CS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
男の子が苦手な女の子のお話です。(他サイトと重複投稿です)
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。