二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む
作者名: 木塚ネロ
【出だし200文字】
 汚い、穢らわしい、気持ちが悪い、吐き気がする。  改めて周りを見回せばどいつもこいつもそんな人間ばかりだった。  笑顔を浮かべて裏切り、ニヤニヤ笑って善意を踏みつけ、哄笑混じりに毒を盛る。    こんな奴らのために必死に闘っていたバカみたいな自分をしばき倒したいが、時間を巻き戻すことはできず、絶望するばかりである。    騙された俺が悪いと言われればそれまでの話で、だから、この結末は必然なのだろ//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 ファンタジー シリアス コメディー 魔王 勇者 強くてニューゲーム 主人公チート 復讐 拷問 奴隷 獣耳 主人公鬼畜 ハーレム……(?) 
種別 連載〔全113部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 612,573文字
掲載日 2015年 07月 16日 14時 33分
最終投稿日 2017年 04月 24日 07時 43分
Nコード N8523CT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。
彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫かれ死んでしまう。
そのときに、彼は誓った。
もし次があるのなら、信じるという言葉にすがるのはやめよう、と。
もし次があるのなら、できる限り残虐にこいつらに復讐しよう、と。
もし次があるのなら、今度こそ間違えないようにしよう、と。

「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」

その言葉を最後に、彼が死んだ。
そして、声が響き渡った。
………【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了します】と。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
2016年5月25日から書籍化しました。
応援してくださっている皆様のおかげです、ありがとうございます!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。