異世界巻き込まれてみた。
作者名: 汐琉
【出だし200文字】
序章,一寸先は…  一寸先は闇。  昔の人は良い言葉を作ったものだと思いながら、|柊星《ひいらぎせい》は、自分達を囲むきらきら集団を窺う。  隣には、同じように地面に座り込んだ、清楚な美少女がいる。  怯えながらも、ロックオンとばかりにきらきら集団から目を離さない様子に、星は小さくため息を吐く。 (今日、図書館行くはずだったのに……)  今頃は、大好きな本に囲まれている予定だった。  それが……//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転移 少女 主人公愛され 脇役主人公 ご都合主義 巻き込まれ? 特殊チート 全体的に緩い ただ今シリアス中 勘違いと思い込み 嫌われキャラがいます 逆ハーレム 召喚 主人公至上主義 恋愛要素含む予定 変に行動派な主人公 
種別 連載〔全163部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 807,852文字
掲載日 2015年 07月 16日 16時 23分
最終投稿日 2017年 06月 23日 09時 06分
Nコード N8547CT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
道ですれ違った同級生と挨拶を交わした瞬間、主人公の少女――柊星(ひいらぎ せい)はその同級生――高坂詩織(こうさか しおり)に巻き込まれて、異世界に召喚されてしまう。『世界の愛し子』として崇め奉られる詩織に対し、森に放置された星は、イケメン魔術師のノウルに拾われ溺愛され中。気付けば、周囲にも愛でられ、緩く、楽しく、シリアスに巻き込まれ異世界生活満喫してます。家事能力高め、人見知り気味な小動物系少女の異世界生活記です。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。