水霊の巫女
作者名: 奈備 光
【出だし200文字】
 ランタンの淡い光が、足元をわずかに照らしだす。  歩みとともに、地下通路のごつごつした石肌に、複雑な形の影が揺れる。ゴウゴウと音がこだまして、近くに水の流れがあることを知らせている。  少年は心細くなって振り返る。  通ってきたばかりの細い通路は、既に一面の闇に包まれ、遺跡の薄暗い広間はすでに見えない。 「ロン。大丈夫?」 「はい! お嬢様!」  少年は前を向き、余裕のある歩調で進んでいく男//
キーワード ミステリー 館 庭園 英国 推理 イギリス 妖精 中世 涙 感動 ファンタジー ミステリ 悲劇 少年 貴族 
種別 連載完結済〔全14部〕
ジャンル 推理〔文芸〕
文字数 27,825文字
掲載日 2009年 09月 04日 00時 58分
最終投稿日 2009年 09月 23日 00時 11分
Nコード N8950H
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
18世紀初頭、イギリスの貴族の娘が行方不明に。庭園の完成を記念して行われるパーティを前にしてのことだった。ひとり取り残された老婆は、何を語ろうとするのか。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。