放課後のno-Exif
作者名: 片桐ゆーな
【出だし200文字】
 カチリカチリ。  時計の針が進んでいく音が聞こえるようにも思えた。  担任の大江戸喜一教諭は時間に正確であることを人生のなによりも尊いと考えているような偏屈な人間なのであるからして、帰りのホームルームの終了時間というものにでさえ正確なのである。  週末の土曜の授業が復活になってからというもの、早く解放されて遊びたい高校生たちにとっては、もう少し柔軟にやってくれよといいたい気分だ。そのくせ多少の時//
キーワード R15 ボーイズラブ 日常 男の娘 女装 放課後 カメラ 写真 ご都合主義 ゆるゆる 時々刺激的 目的のための女装? 主人公は男の娘 
種別 連載〔全501部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 3,168,576文字
掲載日 2015年 03月 21日 20時 22分
最終投稿日 2017年 10月 16日 08時 20分
Nコード N9006CO
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 木戸馨は今年の春から高校に通い始めた一年生。遅刻欠席もなく学校に通い平日はアルバイトをこなす平凡で影の薄い男子高校生です。でもただひとつ違っていたのは、極度の写真馬鹿だということでした。なんせ写真を撮るために週末は女装をして町を回っているのですから。
 まったり日常系の、女装系カメラ男子のお話です。ぐだぐだゆるゆる書いていきます。いわゆる既存の「女装すれば女の子とうはうは」とかそういう感じではないのです。女子校に潜入したって「友情」を重視しちゃいますからね。

  ※作中で男性同性愛とか、性別移行とか出てくるので、そういうのに微塵もふれたくないよ! という方はご注意を。主人公はカメラが恋人です。

 ※作者は物語のためにカメラを始めてみようと思いましたが、そっち方面はからっきしでした。専門知識とかはすごく薄いですが、そこはスルーしていただきたい!

 誤字修正と行間の見直し中です。冒頭からやっております。現在019まで。先にサブタイトルをばっとつけちゃおうということになりました。
 更新は正式に二日おきにしようかと思います。
 勢いも大切だけど、ちょっと丁寧にいきましょうということで。


 そして、初レビューをいただきました! 返信欄とかそういうのないのでこちらで。すっごい良い感じに書いていただいて嬉しいです!

 ちょいと感想へのお返事などおくれております。ご容赦をー。
 かきこみは大歓迎でございます。
 なるべくお返事する方向で!
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この作品はボーイズラブ要素を含みます。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。