魔力を持たない魔女に変態勇者と過保護な魔王
作者名: 水木悠日
【出だし200文字】
 世の中、ままならない事ばかりである。  ルージュは予言された子供だった。  魔王(まぞく)と人間(ひとぞく)が交わった結果が、彼女だった。  そんな彼女は魔も人も関係なく、平穏に暮らせたら それでいい と願っている。  偉大な預言者は、"混沌の世界を生み出す者"として、"秩序を破壊する者"として、彼女を謳う。  彼女の願いとは、真逆な方向の予言だった。  ーーーーーーーーーー  煌//
キーワード R15 残酷な描写あり 身分差 ヒーロー ラブコメ ほのぼの ハッピーエンド目標 逆ハーレム 勇者 魔王 少女向け 女性向け 
種別 連載完結済〔全52部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 122,874文字
掲載日 2017年 08月 19日 16時 31分
最終投稿日 2017年 10月 18日 04時 00分
Nコード N9061EE
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
【10月1日から作品タイトルを、『終わりの魔女』、から『魔力を持たない魔女に変態勇者と過保護な魔王』に変態しました。】先代魔王と人族の血を引く娘、ルージュは預言者から、不吉な言葉をいただいている。そんな彼女を、人々は終わりの魔女と呼んだ。しかし、彼女は攻撃魔法も使えない、只の一般女性と近かった。特技というか、使える能力は、夢を自在に操る事。それでも、敵視してくる者はいるのです。※ 最終話の予約投稿済みです。感想や評価、大歓迎です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。