幻想再帰のアリュージョニスト
作者名: 最近
【出だし200文字】
      「出来るだけキツイ異世界がいい。とびっきり悲惨で、とびっきりハードなやつが」    転生保険に加入するとき、こんな注文をする人の割合はそれなりらしい。  およそ七割が安全や安心を求める一方で、残り三割は「ほどよくバランス調整された人生の厳しさ」を欲するのだという。  理由は、何もかも安全では生活に張り合いが無いからとのことだ。  見栄やプライド、今までの成功体験から来る将来への自信。//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 異世界 転生 ソフトSF ファンタジー オカルトパンク ゆらぎの神話 現代神話 
種別 連載〔全177部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 3,022,840文字
掲載日 2014年 04月 01日 01時 10分
最終投稿日 2017年 02月 14日 20時 00分
Nコード N9073CA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 異世界転生保険とは契約者本人を受取人として、保険量(インシュランス・クオンタム)である新たな人生を給付する制度である。無事支払い条件を満たしていたのはいいが、新たな世界で目を覚ますと何やら開幕から左手を怪物に食い千切られているという大惨事。おまけに原因不明のトラブルで言葉も通じないわ、現代日本の技術を異世界に持ち込んでしまうわで第二の人生は開始早々に前途多難。戦わなければ生き残れない仄暗い迷宮で、片腕を失った男は現代日本の技術を駆使して戦うことを決意する。現代日本の技術――すなわち、サイバネティクスの粋を集めた、機械義肢とサイバーカラテを。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。