この世界がゲームだと俺だけが知っている
作者名: ウスバー
【出だし200文字】
 20××年、7月1日。 「あ、あなたが悪いのよ。あなたが、浮気なんてするから…!」  声が、降ってくる。  地に伏した俺の胸元には、深くまで差し込まれたナイフ。 (うそだろ、俺、こんなことで……)  そして、俺……『相良操麻』は死んだ。  まあ、ゲームでの話だけどな!  俺が今プレイしているのは『New Communicate Online』。  かつて、ある意味では一世//
キーワード 異世界転移 ゲーム バグ VRARPG 異世界 トリップ 変態機動 ハーレム 猫耳猫 
種別 連載〔全239部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,437,861文字
掲載日 2012年 04月 10日 19時 00分
最終投稿日 2017年 04月 01日 23時 59分
Nコード N9078BD
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。
その熱狂的なファンである相良操麻は、不思議な道具の力でゲーム世界に飛ばされてしまう。
突然の事態に驚く操麻だが、そこは勝手知ったるゲームの世界。
あらゆるバグを使いこなし、ゲームの仕様を逆手に取る彼は、いつしか『奇剣使いソーマ』と呼ばれていた。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。