始めましょう〝天災〟としての人生を
作者名: 知恵の輪
【出だし200文字】
 古びた屋敷の前で、見慣れない少女がいた。  何故か大事そうにバケツを抱えており、目線を下へ向けたまま、歩いてきていた。  その館は幽霊屋敷と称されており、居住人も居ないはずなので、不思議に思い少女を見つめる。  少女の目を見る。  少女の瞳に、自分の姿が映る。   数刻の空白。少女は目を見開き、小さな口をポカーンと開けていた。  空白に終止符を打ったのは彼女が両手で抱えていたバケツだ。  落とし//
キーワード 残酷な描写あり 日常 青春 異能力バトル 天災 
種別 連載〔全5部〕
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 17,603文字
掲載日 2017年 07月 16日 23時 12分
最終投稿日 2017年 07月 21日 02時 00分
Nコード N9078EC
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
子供が大人を超える。
世界すら変えてみせる才能を持った人間を、天才を超える天才を、人々は〝天災〟と称した。
そんな世の中を生きる主人公、三影 頼は普通の人間として、平凡な日常を、普通に生きてきた。
──〝天災〟と成るまでは。

非凡な少年少女を描く、学園の異様な物語である。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。