アルゴ! ホワイトクリスマス
作者名: 桐生 慎
【出だし200文字】
 朝、実家の母から電話があった。  誕生日を祝う言葉を聞いて、今日が自分の誕生日であることに気づいた。  母は「ちゃんと自炊をしているか? 野菜を取っているか? 睡眠は足りているか?」と矢継ぎ早に尋ねて来る。適当にあしらって、電話を切った。その時、ベランダの窓から駅前のロータリーが見えた。ロータリーの中心に立つ杉の木がクリスマス仕様に飾られているのが見えた。完徹ですっきりしない心の襞から黒い感情が//
キーワード 異世界転移 青春 冒険 電脳世界 異世界 SF 恋愛 SEX 初体験 
種別 連載〔全9部〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 28,899文字
掲載日 2016年 09月 04日 21時 50分
最終投稿日 2016年 12月 23日 17時 54分
Nコード N9474DM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 これはもう一つの「アルゴ」の物語。
 ごく普通の一般人の「アルゴ」初体験のほんのり甘い恋物語。
 近未来、新世代コンピュータの開発により、人々は現実世界と変わらぬ体験が出来るバーチャルリアリティーのファンタジー世界を楽しむ様になった。
 十八才になり、アルゴへダイブが許される年齢になった赤城竜司は友人・丸井の誘いにより、アルゴにダイブする。目的は―――
 童貞を捨てる為!
 リア充クリスマスイブを過ごすため!
 今、竜司は「アルゴ」にダイブする!
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。