ハルジオン~口だけ野郎一代記~
作者名: 曖昧
【出だし200文字】
 人間の最大の武器は何かと問われた時、様々な候補が頭に浮かび上がると思う。  知恵、同族であろうとどこまでも残酷になれる悪性、あるいは底なしの欲望。  だがそれらを押しのけて上に来るであろうものが人間にはある。  諦観と順応力だ。二十一世紀の終わりに世界各地に開いた不可思議な"孔"。  孔の中はゲームで言うところのダンジョンのようで、怪物だって居る。  当初人間は怪物が出て来る//
キーワード R15 残酷な描写あり 現代風ファンタジー 小物 学園 勘違い 二部構成 ハーレム 完結 ツタヤリンダ大賞A1 
種別 連載完結済〔全204部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 2,148,227文字
掲載日 2014年 09月 04日 23時 15分
最終投稿日 2015年 08月 09日 00時 00分
Nコード N9485CG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
春風紫苑は己を愛している。否、己しか愛していない。
己を良く見せることにだけ全霊を注ぎ、全力で口車を回している。
その結果として僕っ娘メンヘラやメンヘラロリに目をつけられるのだが、口車は止らない。
これは自業自得の物語である――――そこには一切同情すべき点は無い。
膨れ上がる虚像、加速するメンヘラ。さあ、道化芝居を始めよう!



執筆の励みにもなりますので気に入ってくれたのならブクマ登録等してくれると嬉しいです。


2015年2月19日、第一部完結。
2015年8月9日、本編完結。
2016年6月16日、リメイク版開始『http://ncode.syosetu.com/n1225dj/』
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。