異世界落語
作者名: 朱雀新吾
【出だし200文字】
 異世界「ターミナル」の北東に位置する国「サイトピア」。その王宮の執務室。そこには国王を補佐する、国内二番目の権力者である大臣を始め、サイトピアに於ける様々な管轄の、最上位の役職の人間が居並んでいた。  彼らは揃って、ただある一つの知らせを切望していた。  もう、何日待っているだろうか。  ある者は椅子に腰かけ、掌を合わせ机に肘を付き、祈っている。  ある者は窓の外を眺め、片手で十字を切り、祈って//
キーワード 異世界転移 落語OMOREEE 
種別 連載完結済〔全117部〕
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 495,651文字
掲載日 2016年 06月 12日 23時 29分
最終投稿日 2017年 08月 08日 14時 13分
Nコード N9574DI
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
※ヒーロー文庫様より書籍版1~3巻発売中です。

世界を救う為、救世主を召喚せよとの命を受けたサイトピア国宮廷付きのダマヤ。
だが、ダマヤが手違いで召喚したのは「ハナシカ」だった。
これは、一人の噺家が落語で世界を救う物語である。

※なろうコン大賞タイアップ企画で挿絵を頂いた緒方裕梨様の本作へのイラストが「なろうコン賞」を受賞されました。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。