マージナル・ソードマン
作者名: 節兌見一
【出だし200文字】
 正保二年(一六四五年)。宮本武蔵が死んだ。  肥後藩(熊本)の自宅にて、病死である。六十二歳であった。  その死から数日後、武蔵に付き従っていた『二天一流』の門弟らが慌ただしく身辺整理に働いている最中、一人の男が武蔵宅の門前で雄叫びを挙げた。 「出て来ぉい! ムゥサァシィィィィッ!」  白昼堂々、蒸し暑い夏の日差しの下のことであった。  騒ぎを聞きつけた門弟たちが駆けつけると、粗暴な気を//
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 異類婚姻譚 伝奇 時代小説 冒険 
種別 連載〔全41部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 51,675文字
掲載日 2017年 10月 13日 21時 09分
最終投稿日 2017年 11月 21日 01時 18分
Nコード N9603EH
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
『剣狂』阿刀景虎はエルフの秘術で転生を図る『宮本武蔵』に挑むべく異世界『ローランダルク』を目指すが、世界の狭間で偶然出くわした『魔王』に撃退されて虹の国『エルセブン』の端へと流れ着く。負けず嫌いの景虎は武蔵も魔王も斬ってみせると息巻くが……
異世界剣侠ファンタジー。
※一日一部、千文字を目安にコツコツと
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。