そしてふたりでワルツを
作者名: あっきコタロウ
【出だし200文字】
絵が出ますので、平気な方は下へスクロールしてください。 苦手な方はなろうの設定で挿絵機能をオフにしてください。 なんかこんなかんじの話です。 <i289635|16545> ※人物紹介※ ■カミィ・セシル(左下) 一応ヒロイン 頭がお花畑 ■吾妻ジュンイチ(カミィに手を添える白衣) 軍所属のマッドサイエンティスト 爵位は侯爵 天才 ■トーマス・フ//
キーワード R15 残酷な描写あり 古典恋愛 スプラッタ 忍者 ほのぼの シリアス ハッピーエンド 感動 純愛 非テンプレ コメディ 王道 完結 エンタメ 群像劇 ネット小説大賞六感想 
種別 連載〔全45部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 130,321文字
掲載日 2016年 09月 05日 00時 42分
最終投稿日 2018年 02月 16日 19時 18分
Nコード N9614DM
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 どこか遠く遠く。オフィーリアという国がありました。
 今日はお城で舞踏会。きらきらいっぱいの中、ふわふわドレスで歩くのは、とある貴族のお嬢さん。鼻の頭にさっき食べたデザートのホイップクリームがついてしまっています。

「どうしてずっと甘い匂いがするのかなぁ?」
 お嬢さんは鼻のホイップに気がつかないまま会場をふらふら。しばらくして、不思議なお洋服を着た人を見つけました。

「ねぇねぇ、それなぁに?」
「ガスマスクと防護服だよ」

 それが、鼻ホイップ少女と仮面舞踏会にガスマスクで来る男との、出会いでした。
***
 ここからはじまる、ジャンルが迷子の混沌系群像劇!
 シリアスあり、恋愛あり、クソギャグなコメディ、ときには狂気! それからじんわりほのぼの、殺陣ポエムに、ちょっぴりアダルト! 忍者も出る!
 登場人物全員おかしい。だけど中身は王道エンターテインメント! なぜか余韻の残る読後感をあなたに。

 本編七万字強。完結済み。外伝更新は不定期。年数回くらいを目標にユルく。(次回更新予定:5月末までには)
 他サイトにも重複投稿しています。「※」印には挿絵が入るので、苦手な方はなろうの設定で挿絵機能をオフにしていただけると嬉しいです。もしくは高速スクロールで流す!

 検索用:そして二人でワルツを
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。