魔拳、狂ひて
作者名: 武田道志郎
【出だし200文字】
1   杉本歩美は一人、塾から家へと続く通り道を、びくびくと歩いていた。  時刻は既に午後八時を廻っており、辺りは薄暗い闇に包まれていた。  闇夜を照らすのは、切れ掛かっている街灯と、民家のカーテンの隙間から零れる僅かな灯りのみ。  心許ないそれらの光が、今の歩美にとっては、僅かな希望の灯火であった。  ──歩美は、都内のとある小学校に通う女子生徒であった。  クラスメートとの仲は良好で、教師か//
キーワード R15 残酷な描写あり 伝奇 サスペンス 異能力バトル ヒーロー アクション 中国武術・空手・剣術 退魔師 現代ファンタジー 妖怪・悪霊・超能力者 除霊(物理) ダークヒーロー 復讐 格闘技 モンスター娘 
種別 連載〔全220部分〕
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 666,249文字
掲載日 2014年 04月 30日 01時 17分
最終投稿日 2017年 11月 21日 21時 10分
Nコード N9628CB
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
【※11/14追記:現在、新エピソード『妖花絢爛』を隔日で更新中です。次回の投稿日時ですが、明日の20~21時頃を予定しております。】

 時は現代。科学の飛躍的な進歩により、人々は、太古より信じられてきた超常的な存在を否定するようになった。だがその陰では、妖怪や怨霊、超能力者といった『人智を超えた存在』が暗躍していた。
 しかし、それらに対し真っ向から立ち向かい、次々に殴り倒す男が存在した。
 彼の名は青木衛。謎の武術を習得し、小柄な体の内に特異な力を宿した、悪人面の退魔師。ある時は依頼人のため、またある時は己の目的のため、今日も彼は拳を振り上げる。果たして、彼は一体何者なのか?そして、多くの修羅場、死闘を乗り越えた先にある、彼の目的とは……?
 唸れ拳脚! 巡れ抗体!
 外道を討つべく、魔拳よ狂え!!

(現代を舞台に、主人公とその仲間たちが、化け物と肉弾戦を繰り広げるお話です。グロ描写、暴力表現注意。複数の内容で1つのエピソードが完成するように、要所要所で区切って投稿しております。エピソードは基本的に1話完結の形式で、どの話から読み始めても楽しんで頂けるように作っていくつもりです。更新日の予告とお知らせは後書きorTwitterから:@doshirotakeda)

 いつもご感想、ご意見、ありがとうございます。中々お返事が出来ていませんが、いつも有り難く読ませて頂いております。これからもよろしくお願い致します。

※タイトルの横に☆が付いているパートには、読者の方から頂いたイラストを掲載しております。是非ご覧ください。

※『小説家になろう名作辞典』様に紹介していただきました。ありがとうございます!

※累計70万アクセス突破しました!ありがとうございます!
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。