勇者アリスと不思議の国 ~異世界で美少女勇者の妹(魔法兵器)に憑依した~
作者名: 荒三水
【出だし200文字】
    まただ。完全にだまされた。  恵梨ちゃんだけは、違うと思ったのに。  学校で偶然会えば向こうから笑顔であいさつしてくる。話したわけでもないのに取る講義がいくつもかぶってたり。  授業中ふと視線を送ると何度も目が合ったり、帰り際もおつかれ~と声をかけてくる。    そして極めつけは、北村君って彼女いるの? とか聞いてきたくせに。  これはもう完全にそう思うだろう。そういうフリだと。  この好//
キーワード R15 残酷な描写あり ガールズラブ 異世界転移 TS 百合ハーレム コメディ 恋愛要素 性転換 シリアス ダーク バトル ハッピーエンド HJ大賞 
種別 連載〔全142部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 448,946文字
掲載日 2015年 07月 18日 22時 33分
最終投稿日 2017年 08月 20日 00時 10分
Nコード N9674CT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
思い込みの激しいさえない大学生北村勇人は、ある日突然異世界に飛ばされ、金髪碧眼の少女イリスの体に憑依してしまう。目の前には自分を妹と呼ぶ、いきなり好感度マックスのシスコン美少女アリス。彼女は伝説の勇者の娘であり、ケタ外れの魔法の力を秘めているが、その性格と言動から親の名前と見た目だけのアイドル勇者などと勘違いされていた。転移した先は中世ファンタジーかと思いきや、謎の先進技術と魔法の共存する不思議な世界。さらにそこは、人智を越える力を持つ神使と呼ばれる絶対的存在と、それに従う勇者たちの支配下にあった。イリスはなぜか女の子に迫られてしまう謎体質と、レベルアップして強化されていく自身の謎仕様に戸惑っているうちに、徐々に世界の秘密と自分の宿命に気づく。イリスの正体は、神使を駆逐するために作られた、アリスの操る神殺しの武器――可変武装人型魔法兵器だった。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この作品はガールズラブ要素を含みます。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。